おしゃべりピーポのゴキゲン日記

おしゃべりセキセイインコピーポの話題を中心に、日々の出来事を気ままに綴ります。クスリと笑える楽しいブログを目指してます☆

Top > 看護日誌 > 自宅看護日誌(その1)

自宅看護日誌(その1)

皆様にはピーポをご心配&応援いただき、本当に本当にありがとうございます!
温かいメッセージも沢山いただき、皆様のお気持ちが大変嬉しく、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

おかげさまでその後も嘔吐や下痢はなく、毎日穏やかに過ごしています!
今朝の体重は35グラム。
なかなか増えませんが、何とかキープ出来ているのでホッとしています。
まだ眠そうな時が多いですが、体調は良さそうで食欲があり、ゴキゲンでお喋りもしているので、このままグングン良くなってくれるのではないかと期待しています!

piiposan.jpg

(↑ずっとトロンとしていた目にキラキラが戻ってきました!嬉しい(^O^)♪)


さてさて、記憶が鮮明なうちに、何回かに分けて看護日誌を書いていきたいと思います。

6日(金)の昼に退院。飲み水に溶かす薬を10日分処方される。
・帰宅後も元気そう。病院で指示されたオーツ麦、ペレット、すりつぶした剥き粟をパクパク食べる。(胃が弱いので普通のシードはダメとのこと)
・27~31℃で保温すべくサーモスタット付きのペットヒーターで保温。サーモスタットは30℃に設定。
・夕方から眠そうな様子。久しぶりの移動で疲れたに違いないと早めに寝かせる。

翌日7日(土)の朝、カバーをめくると嘔吐した跡があり愕然とする。
・体重36グラム。1日ほとんど何も食べず、羽を膨らませて寝てばかり・・・。
・ウンチがほとんど出ない

再びいつもの病院に連れて行くべきか否かすごく悩みながら、以前から気になっていた病院について再度検索して検討。明日連れて行こうと決意。

8日(日)
・体重34グラム。相変わらず膨らんで寝てばかり。何も食べず。
・はじめての病院へ。これまでの経緯について説明。先生による触診。


先生によると、
・胸の骨が三角に尖って触れるぐらい痩せてしまっている。小柄な子ではないので、体重は38~41グラムは欲しい。
・体が冷え切っている。
・寒くてモワっと膨らんでいる状態のまま強制給餌をしたり投薬をしても、体に吸収されないので意味がない。とにかくしっかり保温すること!


やはり「保温」が大切なんですね。
ピーポの体調が悪くなって以来、保温には気を配ってきたつもりでいましたが、先生のお話しでは、


・保温は温度計を見て何℃までと決めてしまわない。鳥の様子を見て、寒がって羽をボワッと膨らませていたら、膨らみが取れるまで温度を上げる。羽を体にピタッとつけてツルンとした姿になるまで。

・熱中症を防ぐためにカゴやケースの中に逃げ場を作ってやる。全体をビニール等ですっぽりと覆ってはならず、必ず一部分は覆われていない部分、少し涼しい部分を作る。鳥は暑いと感じればカゴの中の涼しい場所に移動する。

・脇を開いて暑がっているようなら温度を下げなければならないが、その場合もヒーターのスイッチは切らない。掛けている布を少しめくったりすることで、温度を調整する。

・ヒーターが年中ついたり切れたりして温度差が出るのは良くない。ゆえにサーモスタットの使用は勧めない。

・寒がっていないか暑がっていないか、とにかく常に様子を見てやること!


その後も色々お話しをさせていただき、かれこれ1時間近く時間を取って下さいましたが、先生は診察中に体が冷えないよう、白熱電球の電気スタンドでピーポを照らして下さっていました。
(あくまで一時的に温めるためのものなので、普段の保温には向かない。電球のつけっ放しは危ないし、熱過ぎてプラスチックのケースが変形する恐れあり。)

それから、
・足が悪いor止まり木を掴む力が無くなった鳥以外、プラケースにも止まり木をつけてやる。鳥は止まり木にとまった姿勢が自然で、呼吸も楽にできる。

と教えてもらいました。

そして
「昨日から全然ゴハンを食べないんですが・・・。胃が悪いので今までのシードをやめて、オーツ麦とむき粟、ペレットをやってるんですけど・・・」とお話しすると、「具合が悪くて食欲が落ちている時に、今まで食べていた物より美味しくない物を出されても食欲湧きませんよ。今までずっとこういう普通のシード食べていたんでしょ?」とケースの中にシードをザザザザッと投入すると・・・パクパク!と勢いよく食べ始めたのでビックリ!

食欲がない時は、とにかく少しでも食欲が湧くように工夫する。
鳥用の餌だけでなく、ゴマ、無塩のミックスナッツ、赤ちゃん用のビスケット、固ゆで卵の黄身等を与えても良い。
手乗りの子がカゴの外に出たがるようであれば、15分程度外に出して、飼い主さんの手の上で食べさせても良い。
なんとか少しでも食べれるよう飼い主さんが手伝ってあげて下さい。

と教えていただきました。


考えてみればこの日は、レントゲン撮影もそのう検査も、医療行為は何もされていません。
(ピーポの状態とこれまで入院していたことを考えて、必要ないと判断なさったのだと思います)
触診と問診のみ。病名を特定することもありませんでした。

ですが先生のお話はどれもこれも私の心にズンと響くもので、よし!先生に教えていただいたとおりにやってみよう!しっかり保温して家で看護しよう!と決意を固めることが出来ました。

その日は胃腸の薬(水に溶かす薬と餌に混ぜる薬)を1週間分処方していただいて帰りました。


長くなるので続きはまた。

今日は大寒の名に違わず、全国的に寒さが厳しい1日となりました。
体調不良でボワッと体を膨らませている鳥さんがいれば保温の参考にしていただきたいと思い、取り急ぎここまで記載致しました。話が途中なので、今回はコメント欄は閉じさせていただきますね。

もし急ぎのご質問等ありましたら、メールフォームにてご連絡下さい。(メールフォームはパソコン版の右下にあります)



※皆さんから温かい応援いただき、ピーポとたなこは本当に幸せ者です!どうもありがとうございます!
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
関連記事
FC2カウンター
カテゴリ
会話っぽく喋る その1
ピーポと飼い主が会話っぽく喋っています(笑)
会話っぽく喋る その2
動画中盤の「おはようございました」にご注目下さい(笑)

こちらの動画は、コレで撮っています↓↓
「Youtube Video Awards 2011」
おしゃべり動画「一人二役で電話ごっこ!?」が、「Youtube Video Awards 2011」にノミネートされました☆
YouTube Video Awards Japan 2011 ペット・動物部門
月別アーカイブ
広告
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

たなこ

Author:たなこ
山形県出身。現在は東京で1羽と2人で暮らしています。


newprofile
ピーポ
2007年9月6日生まれ、お喋り大好きなセキセイインコの男の子(ハルクイン風)

・2010年2月、テレビ東京「ポチたま」の『おしゃべりペット特集』

・2010年2月 YBC「ピヨたま」

・2011年2月 テレビ東京「ワンさかペット ニャンと101匹大作戦」

・2011年2月 日本テレビ「DON!」

・2011年2月 NHK「特ダネ!投稿DO画」

・2011年6月 テレビ朝日「トリハダスクープ」

・2011年8月 日本テレビ「スッキリ!!」

・2012年4月  TBS「THEぶっちぎりTV」

・2012年5月 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(関東・北陸地方のみ)

・2013年5月 NHK ダーウィンが来た!「野生で解明!セキセイインコの不思議」

の中で、おしゃべり動画が紹介されました(^◇^)


<好きな物>おしゃべり、人間、爪、バジル、筒、ペットボトル

<苦手だった物>チビ
 




chibihiko2u
チビ

2008年8月生まれ。山形の伯母の家で飼われていた男の子。
事情により今は東京で暮らしています☆ 

リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: