おしゃべりピーポのゴキゲン日記

おしゃべりセキセイインコピーポの話題を中心に、日々の出来事を気ままに綴ります。クスリと笑える楽しいブログを目指してます☆

Top > ピーポの話 > ピーポ最後の日々 その2

ピーポ最後の日々 その2

前回途中になってしまった話の続きです。

一進一退を繰り返していたピーポですが、6月30日、遂に足が立たなくなってしまいました・・・。

それでも「食べよう!」という強い意欲を見せてくれました。
ペタンと座り込んで止まり木やトウモロコシにもたれかかりながらウトウト。
時々ハッ!としたように目をパッチリ開けたかと思うと、目の前にあるトウモロコシをパクパクと食べ、食べながらまたウトウト寝てしまう・・・ということの繰り返しでした。

とにかく眠くて眠くて堪らない・・・という感じで、ウトウトするあまり首がガクッと後ろに倒れてビクっと目を覚ましたりする様は、まるで電車の中で居眠りしている人のようで、眠気と必死に戦っているように見えました。

この日は四十九日を2日後に控えていたため父のお墓の掃除に行ったのですが、お墓の近くにとっても美味しそうな青々としたエノコロが生えていて、ピーポにお土産に持って帰ったところ、とても嬉しそうに食べてくれました。
その数日前にお墓参りに行った時にはエノコロに全く気付かなかったので、これは父からピーポへの最後のプレゼントだったに違いないと思っています。


翌日7月1日。
朝起きてピーポの姿を見るまで内心ドキドキでしたが、前日と同じような状態で、ひとまず「生きている」ことにホッとしました。
が、いよいよ別れの時が近づいていると覚悟しました。

相変わらず眠くて眠くて仕方ない様子でしたが、私が声を掛けると、目をパッチリ開けてくれるのです。

saigonohibi6.jpg

saigonohibi5.jpg


本当は朝からずっと側に張り付いて見守りたかったのですが、お客さんやら明日の準備やらで、なかなかまとまった時間が取れず・・・。

ようやく暇を見てルーミィの前に座って声を掛けると、お腹でズリズリ這いながら扉まで近寄ってきて、足が立たないにも関わらず、クチバシと羽を使って必死で段差をよじのぼり、外に出たがりました。

ルーミィから出して手のひらに乗せましたが、足が立たないのでコロンと転がり落ちてしまい、慌てて膝で受け止めました。
私の膝の上で仰向けになりながらも、苦しそうではなく、私の顔をジッと見ながらニッコリ微笑んでいるように見えました。

再び手のひらに乗せて、「ピーポ今までありがとうね。大好きだよ。」と何度も何度も話し掛け、ピーポが笑顔なのだから私も笑顔でいようと思いながらも、目からは涙がとめどなく溢れて流れ落ち、ピーポの頭の羽がベショベショに濡れてしまいました。

ピーポが外にいたいならばこのまま外に出しておこうかとも思いましたが、もう長くはないと思う一方で、「足が悪くても生きているインコさんもいる。ピーポもそうかもしれない。」と希望を捨てきれない自分もいて、「疲れちゃうから一度戻ろうね」とルーミィの中に戻しました。

ピーポは止まり木の奥に移動して座り込み、チラッと私の顔を見てから目を閉じました。

(7月1日13時19分撮影)
saigono.jpg

これが私が最後に見たピーポの姿です。


そのまま母と二人で翌日の四十九日の準備をするために、仏壇がある別棟に移動しました。
途中で母が一度様子を見に行きました。さっきと同じ姿勢で寝ていたから声を掛けなかったよ、と言って戻ってきました。

それからしばらくして二人で自宅に戻りました。14時10分。
「ピーポ具合はどうですか?」と声を掛けながら見に行くと・・・目をパッチリ開けたまま亡くなっていました。

最後に見た止まり木の奥ではなく、ルーミィの扉の近くで、顔をこちら側に向けてニッコリ微笑んだまま亡くなっていました。



亡骸の写真は撮らないと以前から心に決めていたはずなのですが、まるで生きているかと見紛うようなとても可愛い顔をしていたので、思わず何枚も撮ってしまいました。

saigonohibi9.jpg

saigonohibi10.jpg

saigonohibi8.jpg


最後の最後、看取ることは出来ませんでした。少し前まで側にいたのに・・・。

もしかすると、私たちが帰ってきた物音を聞き、最後の力を振り絞って声のする方向に這って来る途中で力尽きたのかもしれません・・・。そう考えると、もう少し早く帰ってくれば最後の瞬間に間に合ったのに・・・と、激しい後悔に苛まれます。

ですが、その日は父の四十九日・納骨の前日。大好きだった父と一緒にお墓に入るためには、唯一にして最高のタイミングでの旅立ちでした。
それを思うと、もしかすると父がピーポを迎えに来てくれたのかも。ピーポは迎えに来た父の姿が見えたから嬉しくて寄って行ったのかも、とも思えるのです・・・。


最後の最後まで、飼い主と家族を愛し、愛された鳥生でした。
今までもこれからも、ピーポは私にとって大切な大切な宝物です。
そして、小さな体で沢山の愛を示してくれたピーポ、最後まで生きることを諦めなかったピーポ、インコの素晴らしさを教えてくれたピーポを、私は心から誇りに思います。

「ピーポ、本当にありがとう。ピーポと一緒に暮らせて幸せだったよ。とっても楽しかったよ。いつまでもずっと大好きだよ。」



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
関連記事

コメントの投稿

Secret

ありがとうございます

ピーポちゃんの最後、
教えてくれてありがとうございました。
私が想像していたより、ずっとずっと。
充実して穏やかな一生だったのだと思います。
お父様の葬儀で非常にお忙しい中、
たなこさんの判断や行動は満点であったと思います。
ピーポちゃんの亡くなった直後の穏やかな表情。
本当に満足で幸せそうですね。
こんな素晴らしい一生を過ごさせてあげれたのを
誇ってあげて下さい。

No title

本当に微笑んでいるようにしか見えません、ピーポくん。足腰が立たなくなっても最後の最後まで、がんぱっていたんですね。たなこさんと山形に戻り、山形の空気を吸って、お母さまとも一緒のところで天に召されたことが、ピーポくんにとっても幸せだったと思います。ブログで何回もピーポくんのおしゃべりを聞いてはクスクス笑わせてもらったり、うちの子にも同じフレーズを覚えさせようと試みるものの、そう簡単には覚えてくれないものだなーという状況で、ピーポくんのことはずーっと忘れないと思います。

No title

たなこさん、頑張りましたね。
私もルーシェの最後の様子を書くのが
本当に辛くて中々書けませんでした。

動画、いっぱい撮っておいて良かったね。
土曜日もTVの録画してあった昔のピーポちゃん見てました。
画面の中では生きているし
心の中でも生きているよね。

お互い、魂の片割れのような存在を亡くして辛いけど
御父さんと一緒に・・・が救われるね。

No title

ピーポちゃん大好きでした。涙が止まりません。
ピーポちゃんの最期の笑顔。この表情が全てを語っていますね。
たなこさん、文章にするの辛かったでしょうね。
私も亡くなったインコちゃんの写真や動画を見えるようになったのは
天使になって半年経ってからです。
落ち着いてきたら、ピーポちゃんの最高にユニークで楽しい動画も
泣きながらになるかもしれませんが、幸せな思い出として見ることが
出来ると思います。

今は大好きなお父さんと一緒だからきっと楽しくお喋りしてますね。

No title

あ~あ~~~~涙が止まりません。大大大好きなピーポ君、
たなこさん、この記事を書き上げるのはつらかったと思います。
ありがとうございます。最後のピーポ君をしっかり見届けることができました。

今回のお盆に山形に帰省しました。
妹もピーポ君の大ファンで、ピーポ君の旅立ちをとても悲しんでいました。


看取ることができなかった後悔、お気持ち痛いほどわかります。
でもきっと、ピーポ君は迎えに来てくれたお父さんと一緒にたなこさんを悲しませないようにこっそり旅立っていったんだと思いますよ!
ピーポ君とお父さんのサプライズですね。

亡骸のお写真だったんだと今わかりました。本当に生きているみたいです。
ごはんもたくさんあって、本当に素晴らしい、スペシャルな旅立ちの日。

ピーポ君これからもずっと大好きです。

ピーポくん、ありがとう

ピーポくんへ
たくさん、たくさんありがとう!
「元気デスカ~?」に何度も何度も癒されました。
大好きなお父さんと一緒で嬉しいね。
ピーポくん、大好きです。また、どこかで、ね。

たなこさん
初めてコメントさせて頂いています。
インコさんは小学校の頃に飼っていたきりでしたが、偶然見つけたピーポ君が大好きになって、ブログや動画を拝見させて頂いていました。
いろんな事でお辛いところ更新までありがとうございます。
みなさんに、ご家族に、たなこさんに、こんなにも愛されてピーポ君は本当にしあわせで楽しかったんですね。
ニッコリほほ笑んだ穏やかなお顔が全てを物語っていると思いました。

寂しさは消えないかもしれませんが、きっとピーポ君はお父さんと一緒に「元気デスカ~?」ってたなこさんの傍にいます。
どうぞ、ゆっくりゆっくりされて下さい。

はじめまして

はじめまして。

以前にテレビでお喋り上手のピーポ君を拝見して
衝撃を受けた事があります。
お父さんの声色が最高でした。
それからは動画で時々ピーポ君のお喋りで癒されてました。

ピーポ君の最後のお写真のお顔、安らかで微笑んでますね。
きっと満足しきった一生だったんでしょう。

今はお父さんの肩にピーポ君が乗って天国でお喋り
沢山してると思います。

ピーポ君、楽しい思い出をくれてありがとう。
感謝してます!



ありがとう

あらためて涙が出ました。

ピーポちゃんありがとう。
本当に楽しかったよ。

うちのリンちゃんと会ってるといいな。
リンちゃんもいい子だから仲良くしてね。

No title

ピーポちゃんが旅立った時のことを思い出すだけでつらかったですね。
私もピーポちゃんを思い出してはよく泣いてました。
ピーポちゃんの最後の姿ばかりが脳裏に焼きついてしまってこれまでの姿を見ることができませんでした。
自分は手の中で最後を看取ってきたので今でもその場面のみが鮮明に思い出され、楽しかった時を思い出せません。
ピーポちゃんは幸せだったと思います。

No title

お辛い最期を細かく記して下さり
ありがとうございます。
涙なしでは読めないです。
ピーポちゃん、最後までたなこさんが大好で
「僕はもうすぐ旅立つけど幸せだったよ」って
言いたかったんだと思います。
それが笑顔の意味なんだと思うよ。

たなこさんの言われる通り、お父様と一緒に
お墓に入るためのタイミングだったんですね。
動物だって自分の事は自分が一番わかっているはず。
大好きなお父様がお迎えに来てくれたから
一緒にいこうと決めたんだと思います。

うちも父を亡くした時、色々とすることがたくさんあって
悲しみに浸る間もなかったけど
そういう風に出来てるんだな~と思いました。
たなこさんは特に遠く離れた所にお住まいなので
行ったり来たりで大変だと思います。
少し落ち着いた頃にまた悲しみが襲ってくるかも知れませんが
思い出す事が供養になるので
お父様の事もピーポちゃんのことも
悲しいけど思い出してあげて下さい。

きっとそのうち楽しい想い出がいっぱい出て来ると思います。

ピーポちゃんは私たちファンにもいっぱい癒しをくれました。
本当にありがとうを言いたい!!!
ほんとにほんとにありがとう、ピーポちゃん。

No title

ピーポちゃんが旅立ったと知りつつも、なかなかコメントできずにおりました。
ピーポちゃん、長い間よく頑張ったね。
私も亡骸の写真はちょっと苦手なのですが、ピーポちゃんの笑顔を見ると、たなこさんのお気持ちがわかります。
楽しく満ち足りた鳥生だったのでしょう。
そして、お話によると、本当にピーポちゃんはお父様について行ったかのようですね。
寂しくお辛いところ、詳細な記事をアップして頂き、様子が伝わってきました。
たなこさんも大変な状況での看病、お疲れ様でした。
どうぞご自愛くださいね。

たなこさん、ピーポちゃんとたなこさんのブログが、更新されないことが、やっぱり、淋しい…。私のセキセイ、夏男も、最後の時に、目を開いたままで亡くなりました。膝の上に抱いていました。私も、その時の写真を持っています。つらいのに…。8月4日でした。まだまだ全然駄目です。まだまだ生きたいだろうな、夏男は。そして私を最後まで温めてくれた。小鳥はすごいですね。

ピーポちゃんずっと大好き!

たなこさん、お疲れさまです。間違いなく、ピーポちゃんは、これ以上ない最高の鳥生でしたよ‼ なんて幸せなコなんでしょうといつも思ってました★ 今ごろは、体も楽になって大好きな「とーちゃん」とずっと一緒にいるんだなと感じます。たなこさんの肩にも止まったりしてるでしょうね!    たくさん泣いてもらえるのは、それだけいっぱい愛されて幸せだったっていう事ですよ。私が一番最初に過ごしたインコちゃんはある日突然、家の玄関に飛んできたホワイトハルクインのコでした。まだ幼くて、それから5年ほど生きて、最期は、止まり木に止まれなくなり、下にピーポちゃんのようにペタッとなりました。亡くなる前の苦しそうな悲しい鳴き声は忘れません。もう30年ほど昔の事ですが、今でも愛する気持ちは全く変わりませんよ、それどころか愛情は増すばかりです!でもいつか絶対に逢えると思ってます!逢いたいと思ってないといつか再会できないと言いますよね?それはそうですよね、だってさがそうとしませんもんね。  それとブログは続けて欲しいですよ‼ピーポちゃんも喜ぶはずです☆

No title

たなこさん、私も今、涙が止まりません。
でも、ピーポの最後の2週間のこと教えてくださって
本当に本当にありがとう。

それにしてもピーポってすごいな!最後まであの笑顔!
今、お父様と同じ場所で眠っていると聞いて安心しました。
どんなお別れもとても辛いものです。でも、たくさんの思い出を持っている
たなこさんなら大丈夫です。ピーポファンのみんなもついてます。
ゆっくり自分のペースで日常を取り戻して下さいね。

それから、前回はたくさんのコメントがあったにも関わらず返信を
ありがとうございました。
たなこさんみたいな素敵な人に私もなりたいです。
またどこかでお会いできるといいな。

言葉に尽くせません

 ピーポくんの最期の様子を教えていただき、ありがとうございます。ピーポくんは生涯大事にされていたこと、大事にしてくれるたなこさんやご両親が本当に大好きだったことが伝わり、しみじみと思う反面、さみしくて仕方がありません。寿命だから仕方がないとは分かっていても、やりきれないものですよね。私も今年はじめに11歳のセキセイインコを亡くして、今も写真を見ては思い出してしまいます。たなこさんやお母様は、お父様とのお別れもあったばかりで、本当にお辛い時かと思います。悲しい気持ちを癒やすようなよい言葉が見つからず、とてももどかしいです。たなこさんもご家族も、どうか無理をなさらず、お体を大切にしてください。

No title

 たなこさん、まだまだお辛い中、ピーポ君の最後の様子を伝えてくれてありがとうございます。

 私も昨年の9月に5才のセキセイ男子を約7ヶ月の闘病の末、亡くしたので、読みながらその時と重ねて大泣きしました。
 亡骸の写真を思わず撮ってしまった気持ちもよくわかります。

 本当に大切な大切な宝物ですよね。
毎日毎日飽きもせず「かわいいなあ」って心から思える存在って、少なくとも私には他になかなかありません。

 
※このブログを泣きながら見ていた時、肩に6才のセキセイ女子を乗せていたんですが(昨年亡くなった子と同じ日に飼い始めて一緒に暮らしてきた子です)、静かにじっとしてたのに突然「ギャッギャッギャッギャッ!!」と雄叫び、部屋の中を一周飛んで戻ってきました。よく興奮するとセキセイ男子と一緒に「ギャッギャッ」と部屋を一周飛び回っていたので、すぐにあの子のことを思い出して、なぐさめに来てくれたのかなって思いました。
全く霊感もなく、普段はなかなかその手の話も信じきれない人間ですが、きっとそうだと思ってます(*^_^*)

ピーポ君とお父様もずっとやさしく見守ってくれているはずです!!

ピーポくんの穏やかな微笑みを見ていると、今にもおしゃべりが聞こえてきそうでなんだか実感がわきません。
悲しいのに、今回もピーポくんの笑顔に癒されました。
大好きなたなこさんと過ごした時間が本当に幸せだったからでしょうね。

今はピーポくんの大好きなお父さんと一緒だそうでホッとしました。

ピーポくん今までありがとう!!
本当に感謝しています。

たなこさん、ピーポくんのお話ありがとうございました。

ピ-ポちゃん。やすらかに。。。

こんにちは。たなこさん

お久しぶりです。

記事を拝見させていただきまして
驚きと。。。そして悲しみ。。。

ピ-ポちゃん。天国へ
旅立たれたのですね。

何とコメントしたら。。。涙が流れております。

ごめんなさい。

ピ-ポちゃん。今までありがとう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

たなこさん。そしてご家族の皆様
お辛いお気持ち痛いほどお察しいたします。
どうかお体にさわりませんようにと
思います。

見たことが無かった、ピーポちゃんの写真、トウモロコシやエノコロに囲まれた写真、最期の時の写真にさえ、会えるのが嬉しくて、ピーポちゃんの存在と、たなこさんに、こんなにも支えて貰っているんだなぁ…今でも。少しずつ…この悲しみが、やわらいで行きますように。

No title

読みながら 涙が出てきました…

ピーポ君も たなこさんの気持ちもすごくわかります
言葉にはできないです

まだ元気だよとばかりに 一生懸命食べようとするピーポ君
本当に 本当に よく頑張ったね
ありがとう

ピーポ君は たなこさんに すごく感謝していて、最期会えなかったけれど 幸せな日々を思い出しながら 息をひきとったのだと思います
幸せそうな顔をしていますね

ポポを最後に見た時、ポポは せわしく羽繕いをしながら ちらちらと私の方を振り返ってみていたんです
なにか伝えたかったのかなと あのときのことを思い出すといまでも涙が出ます

ピーポ君は たくさんの宝物を残してくれましたね
ありがとう

ピーポファンさんへ

ピーポファンさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉、ありがとうございます!
私はネクラなので色々振り返ると後悔することだらけですが、穏やかな一生だったと言っていただけると救われる思いです。

ピーポとの思い出は沢山沢山あるのに、顔を思い出そうとすると何故か、この亡くなった直後の顔が真っ先に思い浮かぶのです。

ピーポは私の誇りですが、ピーポを育てた自分自身も誇りに思って良いでしょうかね?
嬉しいです。ありがとうございます!

はるさんへ

はるさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉、ありがとうございます!
微笑んでいるように見えると言っていただき嬉しいです。

はい、最後まで頑張りました。
亡くなる前日、足腰が立たなくなってから不思議とあまり寒がらなくなり、とにかく食べよう、食べようという姿勢を見せてくれました。
陰からコッソリ覗いてみると、私達が側にいない時でも一人でモグモグ食べていたので、食べたいという強い意志があったのだと思います。

具合が悪くなってから全く山形に帰れていなかったので、最後に故郷に連れ帰ることが出来て本当に良かったです。

ピーポを忘れないと言っていただけると何より嬉しいです。ありがとうございます!
ぜひこれからも時々ピーポを思い出してやって下さい<(_ _)>

No title

まだ思い出すのもお辛い中、ピーポくんが最期まで命を全うした姿を教えてくださってありがとうございます。
沢山の不思議な事、お父様が側にいらっしゃったからとしか思えません。
すごいな、ピーポくん、全力でがんばったね!
まだ信じられない気持ちもありますが、涙が溢れてしかたありません。
笑顔のお写真、旅立った後だったとは思いませんでした。
とってもかわいい、いつものピーポくん。
ここに集まる私達にも「行ってくるね!」と挨拶してくれてるような気がします。

最後のたなこさんのメッセージ、ピーポくんが「ぼくもだよ!」と答えているように思います。
「生きることを諦めなかった」これがピーポくんの「幸せだった鳥生」の証しだと思います。

私も、いまだにうちの子の最期の姿を思い出すと涙が溢れますが、
一年半前、旅立ってしばらくは、家中に思い出があるので「ここ好きだったな」とか「ここでイタズラしてたな」とか、家の中が静かすぎて淋しくて淋しくてすぐ泣いてました。
でも段々に楽しかった事は「楽しかったな~」、おもしろかった事は「おもしろかったな~!」と思い出せるようになりました。
目には見えないけど、今もここにいると思ってて。。。
どうか、少しづつでも、笑顔で思い出せる日がたなこさんにも訪れますように……

これからも、たなこさんピーポくんに会いにここに来させてくださいね。
急に涼しくなりました。どうかお疲れ出ませんようにご自愛なさってくださいね。

ROUGEさんへ

ROUGEさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉、ありがとうございます!
はい、ようやく文章にすることが出来ました。
ピーポが最後の最後まで頑張ったのだから、私も頑張って皆さんにお伝えしなければと思いつつ、なかなか言葉に出来ませんでした・・・。

こうして振り返ってみると、愛しさと寂しさが改めてこみ上げてきます。
最愛の相棒を亡くした喪失感はなかなか癒えないものですね・・・。

ROUGEさんはボランティアにご尽力されているご様子、頭が下がる思いで拝見しています。
私もROUGEさんを見習って新しいことに挑戦しなければなりませんね。
頑張ります!

ゆににんさんへ

ゆににんさん、お返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉、ありがとうございます!
はい、ピーポが最後の最後まで頑張ったのだから、私も頑張って皆さんにお伝えしなければと思いつつ、なかなか言葉に出来ませんでした・・・。

ゆににんさんも愛鳥さんを亡くされた経験をお持ちなのですね。
そうなんです、沢山撮った写真や動画、今はまだ見ることが出来ません・・・。父と一緒に撮った写真も沢山あるので、見ると切なくなってしまうんですよね・・・。
今はまだ何を見ても泣いてしまいますが、ゆににんさんも半年掛かられたとのこと。いつまでもメソメソして我ながら情けないと思っていましたが、皆さんそうだとわかり何だかホッとしました。

今は焦らずにゆっくりと父とピーポを偲びたいと思います。ありがとうございました!

mii@きみちゃんさんへ

mii@きみちゃんさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉、ありがとうございます!
そしてご自身のブログに追悼記事を書いていただき本当にありがとうございました。
とても嬉しく、また感謝の気持ちでいっぱいです<(_ _)>

そうなんです、亡くなった当日にアップした写真は亡骸の写真だったのです。
私が亡骸を撮影しているのを見ていた母でさえ、「え?これ生きてる時の写真でしょ?」と見間違えるほど、良い笑顔の写真が撮れました。

そうですね、絶妙のタイミングで旅立ったことは、父のサプライズだったのかもしれません。
本当は母と一緒に最期を看取りたかったのですが、側にいたら間違いなく号泣していました。
この世で最後に見た光景が2人の泣き顔では、ピーポは安心出来ずに笑顔で旅立てなかったかも・・・という気もしています。

私はネクラなので振り返ると後悔ばかり湧いてくるのですが、いつまでもそれでは笑顔で旅立ったピーポに失礼ですね。
涙が乾くまでにはまだ時間が掛かりそうですが、ピーポの残してくれた笑顔と共に、これまでの楽しかったこと、嬉しかったことを思い出しながら、少しでも前向きに頑張りたいと思います。

ありがとうございました!

ごろさんへ

ごろさん、お返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉、ありがとうございます!
これまでピーポを可愛がっていただき本当にありがとうございました<(_ _)>
そうですね、寂しくて堪りませんが父と一緒だと思うと何だかホッとします。

ピーポは幸せだったよ~と皆さんに言っていただけると救われる思いです。
ピーポと父はネアカだったので、我が人生一片の悔いなし!と思っているとは思うのですが…
私はネクラなので、ピーポはもっともっと幸せに長生き出来たはずなのに…私のせいで病気にさせてしまった…等々、ともすれば後悔ばかり湧いてきて、いつまでもウジウジしています(^^;)

いつまでもそれでは笑顔で旅立ったピーポに失礼だと思うので、ピーポの残してくれた笑顔と共に、これまでの楽しかったこと、嬉しかったことを思い出しながら、少しでも前向きに頑張りたいと思います。

ありがとうございました!

こぶたさんへ

こぶたさん、お返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉、ありがとうございます!
これまでピーポを可愛がっていただき本当にありがとうございました<(_ _)>

振り返ってみるとピーポが最初に覚えた言葉は「とーさん」でした。
父の声もすぐに覚え、父を知る方達には「そっくり!」と大ウケでした。
父はいつも「ピーポこっちに来い!」と自分の肩をポンポン叩いて誘っていました。
そう考えると、最後の最後、やはり父が迎えに来てくれたのでしょうね。
大好きな父の肩に止まって旅立って行ったのだと思います。
そうですね、きっと肩の上でお喋りしてますね(^^)

こちらこそどうもありがとうございました!

リンちゃんさんへ

リンちゃんさん、こちらへのお返事がいつもながら遅くなりました!

リンちゃんの突然の旅立ちから間もなくひと月ですね・・・。
ご自身がお辛い最中にお気遣いいただき本当にありがとうございます<(_ _)>
お互い寂しいですが・・・頑張りましょうね!!

なんちゃんさんへ

なんちゃんさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

ピーポを思い出して泣いていただいていると伺い、ありがたさで涙が出ます…。
ピーポを偲んでいただき本当にありがとうございます<(_ _)>

そうなんですよね、元気だった頃の楽しい思い出が沢山沢山あるのに、何故か最後の姿ばかり思い浮かぶのです…。
ピーポもなんちゃんさんの愛鳥さんも、「元気だった頃の姿も思い出してよ~」と思っているかもしれませんね。

愛鳥さんを手の中で看取れたというのはスゴイことですよ!
私もそういう別れが理想だったのですが・・・1時間前まで側にいれただけでも良しとしようと思います。

今は悲しさよりも、ただただ寂しいです…(T_T)

よっさんさんへ

よっさんさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

心にしみるお言葉ありがとうございます。
よっさんさんもお父様亡くされているのですよね…。
どんな感情もそうですが、親を亡くす気持ちというのも、自分が経験して初めて本当にわかるものですね…

はい、そういう風に出来ている、父が導いてくれていると思うことが私も沢山ありました!
まさか一年のうちに父とピーポを見送ることになるとは夢にも思いませんでしたが、ヘンな話、亡くなる順番が逆じゃなくて良かったと思います。
父とピーポで逝く順番を示し合わせてたんじゃないかしら、とすら思ってます(^^;)

よっさんさんにはずっと前からお付き合いいただき、苦楽(?)を共にしてきた、いわば同志のように感じさせていただいています。
インコブームの到来前から、インコの魅力を発信したいと語り合ってきましたよね~。当時と比べるとインコグッズや鳥カフェが各段に増え、時代が変わったなぁ、風が吹いたなぁと、なんだか胸にグッと来るものがあります。

ピーポはいなくなってしまいましたが、これからもインコを愛する者同士、お付き合いのほどよろしくお願いします!

こちらこそこれまでピーポを沢山沢山応援いただき本当に本当にありがとうございました!

Pipi さんへ

Pipiさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

温かいお言葉ありがとうございます!
父の訃報記事にもコメントいただきありがとうございました。遅ればせながら御礼申し上げます。

これまで沢山の情報を教えていただきありがとうございました!
胃腸の不調を見事克服したヒロ先輩を目標に頑張ってきましたが、残念ながらヒロちゃんに追い付くことは出来ませんでした…。

亡骸の写真、ご不快に思われる方もいらっしゃるだろうと思いつつ、最後の笑顔を見ていただきたくて載せてしまいました。
何度見ても見る度に、笑顔と涙がこぼれます。

ヒロちゃんにはピーポの分までもっともっと長生きして、ご長寿記録を作って欲しいと心から願っています!
ヒロちゃん、頑張ってね!!

これまでピーポを応援いただき本当にありがとうございましたm(_ _)m

ニッコリ笑顔で

たなこさん
ピーポくんは本当にニッコリ可愛い顔ですねぇ。
こんな笑顔でお別れできたなんて。
もっと早く戻ってきていれば、とか本当に考えてしまいますよね。
でも、これだけたなこさんやご両親に可愛がられたピーポくんが、たなこさんを悲しませるような最期のはずがないと私は強く思います。
たなこさんが考える様に、お父様がやってきて、あ、おとうさん来たぁー!と目をパッチリ開いて、そのままお父様の肩に乗って一緒にお出かけしたのでしょう。
本当に生き物との別れはキツいけど、もう経験したくないけど、でもたなこさんのところに来たからピーポくんは幸せだったのですから。みんなの記憶に残る日本一のピーポくんになったんですから!

No title

久しぶりにピーポちゃんの声に癒されたくて訪ねました。
まさか・・。ごめんなさい、知らなくて。

悲しいです・・ピーポちゃん大好きでした・・。

たなこさん、色々お辛かったでしょう。本当にお疲れさまでした。

でもピーポちゃんは世界一幸せなインコでしたよ、本当に羨ましかったです。
今もとても羨ましい。
たなこさん、お母様も、お辛いでしょうが、お身体だけは大切にしてくださいね。


くろやぎさんへ

くろやぎさん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

そうでしたか、夏男くんも目を開いたまま亡くなったのですね…
大好きな飼い主さんの膝の上で飼い主さんの顔を見ながら旅立ったのですね…
ひと月と少し経ちましたが、いかがですか?少しはお気持ち落ち着かれましたか?

私はピーポが亡くなってからずっと、最後の姿ばかり頭に焼き付いて離れなかったのですが、ここ最近ようやく、それまでの楽しかった日々を思い出すことが出来るようになってきました。
後悔や寂しさはまだまだ続くと思いますが、愛鳥と過ごした幸せな日々を、お互い誇りに思いましょうね(^_^)

飼い主さんを愛し愛された夏男くんの鳥生は、短くても幸せなものだったと思います!

みささんへ

みささん、いつもながらお返事すっかり遅くなってしまい申し訳ありません!

最高の鳥生と言っていただきありがとうございます!
病気になるまでは、東京オリンピックまで余裕で大丈夫かも♪等と常々思っていたもので、10歳までも生かしてあげられなかったことがピーポに対して申し訳なく、ともすれば後悔にさいなまれておりますが、楽しかった思い出もだいぶ思い出せるようになってきました。

このブログは私達家族とピーポの日々を綴った大切な記録ですので、今後も細々ながら続けていこうと思ってます。
これからもどうぞよろしくお願いします!
FC2カウンター
カテゴリ
会話っぽく喋る その1
ピーポと飼い主が会話っぽく喋っています(笑)
会話っぽく喋る その2
動画中盤の「おはようございました」にご注目下さい(笑)

こちらの動画は、コレで撮っています↓↓
「Youtube Video Awards 2011」
おしゃべり動画「一人二役で電話ごっこ!?」が、「Youtube Video Awards 2011」にノミネートされました☆
YouTube Video Awards Japan 2011 ペット・動物部門
月別アーカイブ
広告
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

たなこ

Author:たなこ
山形県出身。現在は東京で1羽と2人で暮らしています。


newprofile
ピーポ
2007年9月6日生まれ、お喋り大好きなセキセイインコの男の子(ハルクイン風)

・2010年2月、テレビ東京「ポチたま」の『おしゃべりペット特集』

・2010年2月 YBC「ピヨたま」

・2011年2月 テレビ東京「ワンさかペット ニャンと101匹大作戦」

・2011年2月 日本テレビ「DON!」

・2011年2月 NHK「特ダネ!投稿DO画」

・2011年6月 テレビ朝日「トリハダスクープ」

・2011年8月 日本テレビ「スッキリ!!」

・2012年4月  TBS「THEぶっちぎりTV」

・2012年5月 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」(関東・北陸地方のみ)

・2013年5月 NHK ダーウィンが来た!「野生で解明!セキセイインコの不思議」

の中で、おしゃべり動画が紹介されました(^◇^)


<好きな物>おしゃべり、人間、爪、バジル、筒、ペットボトル

<苦手だった物>チビ
 




chibihiko2u
チビ

2008年8月生まれ。山形の伯母の家で飼われていた男の子。
事情により今は東京で暮らしています☆ 

リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: